FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


ブタとおっちゃん



df23684cff5849e4abc1-1024.jpg



たまりません!!




スポンサーサイト



博美が

病室で仕事の打ち合わせの電話をしていたときに

なんとなく出来上がった、


「エスペランサ(希望)」と「入院時計」


丁度、テレビでチリの鉱山事故の救出で世界が盛り上がっていた。


エスペランサ




それにしても、赤ちゃんはすごいよな。

存在しているだけで、沢山の人に勇気と希望を与えられるのだから。


存在しているだけだもんなあ!






入院すると時間がなくなる。

というより、関係なくなる。


朝ごはんの時間になれば、朝ごはんで出てくる。

昼ごはんになれば、昼ごはん。

回診の時間、検温の時間、点滴の時間、掃除の時間、お茶の時間、

寝る時間、起きる時間、などなど


完全に管理されているのだけれど、

俺にしてみれば細かい具体的な時間は関係なくなる。


その時になれば色々なことが勝手にやってくるようになるので、

時計も時間も関係なくなる。



入院
夢に見た入院時計 入院すると時間は関係なくなる





今が、何月何日だか

何時何分だか

平成何年だか西暦何年だか

よくわからなくなる。

とは言っても、普段からよくわかっていないほうだけど・・。



そんなとき、夢を見た。


夢の中で、時計を見ると

文字盤が白い。

そこに。「なし」って文字があった。


もともと、

時間なんてあってないようなもんだ。


楽しいことしてると、短いし。

やりたくないことしなきゃならないと、異常に長く感じる。


夏休みは、短いし。

高校の授業は耐えられないほど長かった。

だから、よく抜け出した。


体調さえよければ、

今までの入院生活は短く感じられた。


そう考えると、

楽しい人生を送った人々は、

たとえ百年生きたとしても、

人生は短いって感じているのかもね。







入院して 

ちょうど一週間が過ぎた。


ここ2~3日は少し楽になってきたけれど

入院した時は、結構きつかった。


家に居た時、

40度近い高熱が一週間続いた。

自分では、何にもできなかった。

長く感じた。


薬飲むくらい。

ただ、苦しんでいるだけ。


リンパ腫も顔の形が変わるほど腫れちゃって、

自然療法も何もないよ、ああなっちゃうと。


抗がん剤のサイクルから脱出したい自分と

そんなこと言ってられない現状。


一人だと、とても不安になった。


一人でいる不安に耐える。

一人になる不安に耐える。


祈る元気があるうちはいいけど

祈る元気なんて、結構すぐになくなる。



イエス
たまに見かけるなぞの看板。いろんなバージョンがある。
こんな時、信仰を持っている人は強いのかもしれない マザーテレサみたいに



一人でひたすら耐えて耐えて、

体力が落ちていくことに耐えて、

動けなくなることに耐えて

前向きに考えられなくなることに耐えて、

恐怖心に耐える。


あと、一週間くらいしたら

新たなる境地に到達できたのかもしれない。

なんて思ったりする。


奇跡が起きるのかなあ。


いつまで、持つのだろう俺?

こういうときに、信頼できる主治医がいたら本当に心強いなあ・・。

でも結局、自分の心の中にしかいないのかもしれないなあ・・。

よくわかんね~や。


やっぱ、病院いくべきかな。

家族はそれが一番安心だよな・・。


去年は妙に前向きだったけど結局、集中治療室だったしな。



などと、ぐるぐる考えていた。







世の中

いろいろと驚くことがおこる。



ある本によると

目の前に起こる現象は

すべて自分が引き寄せているらしい。





「9月24日(金)に退院のお知らせ」をしたばかりなのに、


再々発して入院しました!!


驚きました!!



実は前回の退院は

クールが終わった訳ではなく、

治療が終わったタイミングでした。


しかし、リンパ腫が消えたわけではなく

抗がん剤治療の回数を終え、

ある程度縮小したので様子を見ましょう

という段階だったのです。


さて、どうやって皆様に報告しようかと考えている矢先の再再発でした!


驚きました。


去年は、この段階で寛解(カンカイ)という状態でした。

<一応、リンパ腫が確認できなくなった状態。>


そして、約半年間の後

再発しました。


そして、今回は・・・


なんと、2週間も経たずに再々発したということです。


驚きました!!


1週間ほど40度近い高熱が続き、一人で生活できなくなってきたので

10月8日(金)博美がニセコにいる間に病院に乗せてきてもらったら、


「すぐに入院してください。」


でした。


あまりの苦しさと、首の腫れに


予想はしていましたが、驚きました・・。



「これって、抗がん剤しているときしか元気じゃないじゃん、俺?????」



なんで、こんな現実を


引き寄せているのだろう??













mimitibi

Author:mimitibi
1966/3 東京向島生まれ
1985-1988セツ・モードセミナーで
水彩画にいそしむ
世界各地を旅
1992 北海道へ移住
2004-2005 ドームハウスを建築
2008 ツリーハウスを建築
2009 2級建築士取得

タイパンツ愛好家

QRコード