FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

朝、目覚める直前、

寝ているような起きているような

そんな時に突然、

「サーフィンしたいなら海行けば。」

というメッセージが来た。


そのまま、ボケボケの頭のまま考えた。

「今日は日曜日・・・・」

「兄休みかな?・・・・」

斉藤兄にメールしてみたら、

<これから行こうと思っていたところ、行きますか?>

という返信。

<お願いします。>


早速、何人かの友人から波情報を集めたら、

台風のうねりが入ってくるということだが、

まだ早いかも、ということ。


兄も私も、

まあ、少しでも波があればいいかなあ・・、

別に無くてもいいや。

というスタンスなので

ドライブがてら海でも見に行きますか?

と出発。





スザンヌ(兄の愛犬)と遊びながらのドライブ。

いざ海の見える道に出たとたん、



波 




「デカイ!!!」

「デカイですよね、兄、これ・・・」

「デカイ!デカイ!」

「デカイよな・・。」

「うん、デカイ・・。」


どうみても、デカイ!

久しぶりに見た台風のウネリ!


はっきりと沖まで連続する大きなウネリの筋!筋!筋!


「波ありますね!」

「っていうか、デカイ!!」


よさそうなポイントを探して

一まずサーフィン!


兄も久しぶりの波のサイズだし

私は約一年ぶりの波乗りなので

二人とも、嬉しい半面きんちょ~!


波にテイクオフする時も、

波に巻かれる時も、

大きな波から逃げる時も、

沖に出るときも、

全ての瞬間が真剣!

五感も六感も七感も八感も総動員で楽しんでいる。


久しぶりに大きな波に巻かれて、

洗濯機の中のようにもまれ、

水中に引きずり込まれて、

苦しくて、苦しくて、

中々浮き上がれなくて、

怖くなって、

必死に沖に出ようとパドルしていても

全然体力無くて

ペタペタ、ペタペタ手を回しているだけで、

ちっとも進まなくて、

次から次へと、沖から波がやってきて

何度も何度も巻き込まれて

海の底に引き込まれて、

ぎりぎりで水面に出たと思ったら、

また、目の前で大きな波が崩れ落ちて

大爆発と共にまたまた海底に引きずり込まれて泣きそ~!!


足の先の爪の細胞から、

髪の毛の先の細胞まで、

全てが、全ての細胞が覚醒していることが

はっきりと実感できる。

苦しいのだけれど、とても喜んでいる。

いきいきとしている。

この瞬間を

必死に生きている!


本当に今の自分にとって

最も丁度いい波だった。

完璧な時間だった。


本当にありがとうございました!!





スポンサーサイト



mimitibi

Author:mimitibi
1966/3 東京向島生まれ
1985-1988セツ・モードセミナーで
水彩画にいそしむ
世界各地を旅
1992 北海道へ移住
2004-2005 ドームハウスを建築
2008 ツリーハウスを建築
2009 2級建築士取得

タイパンツ愛好家

QRコード