FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

太通信(2009.10.14)

勝手に送らせて頂く太通信をお許しください。
北海道は、紅葉も盛りを過ぎ、朝晩にはストーブが欠かせない季節にはいりました。
すこしご無沙汰してしまっていますが、みなさまお変わりありませんか?

ご心配をおかけしていますが、おかげさまで太は順調に治療も進んでいて、10月9
日から抗がん剤の4クール目が始まったところです。
多少のだるさなどはあるようですが、今回も無事に乗り切れそうな様子で、またもやよく歩き、元気に入院生
活を送れていますのでご安心ください。

毎回抗がん剤前に体重測定と体力測定があり、私も初めて見学したのですが、「
石川さん、今回も記録更新しましょうね!」と、リハビリ室の先生から掛け声が
かかっていました(笑)
治療が進むのに、体力があがっていくので、先生にとっても興味深い患者のようです。

今回も入院と入院のはざまのニセコに戻っている期間も、愛犬ミミーと一緒に、
大好きなサーフィンに二回行け、また定番になった半月湖の散歩、ミミーからも
、そして海からも山からも自然のパワーをたくさんもらい免疫力もぐっと増した
はずです。

身体をつくること、身体をつかうこと、そして、自分の身体に感謝して、身体を
信じること。

太の場合、悪性リンパ腫発覚前に、急性腎不全になったことで、食べられること
、歩けること、排泄できることなど、ふだん当たり前にしていたことが、実はど
れだけ絶妙なバランスの上で成り立っていたことなのかを知ることができたこと
は、身体というものと向き合ういい機会になったような気がします。

痛みも、かゆさも、だるさでさえも、肉体を持って生まれてきたからこそ味わえ
る感覚でしょうし。

たまたま抗がん剤が身体にあっていたのかもしれませんが、私には、それだけで
なく、やはりいろんなものが作用して、いまの状態になっているような気がして
なりません。

みなさんから届くあたたかい想いの力が、どれだけ太の生きる力に変わっている
かをわたしは目の当たりで見させてもらっています。

いままでは、身体は、自分だけのもののように思っていましたが、どうやらそう
ではないように思えてなりません。
みんなつながっているのではないか、という
気になるのです。

太のブログのタイトルにもなっていますが、「今日もいい日だ!~病気になった
ら気がついた、なんてこの世はおもしろい!」
http://210421042104.blog45.fc2.com/
本当にこのとおりだと思います。
今日も、そして今もこうして生きていられることが、奇跡の連続で成り立ってい
るのだから、すべてに感謝したくなります。

ちょうど治療も真ん中あたりにきたところだと思います。本当にみなさま、いつ
もいつもあたたかい励ましどうもありがとうございます。引き続き、どうぞあた
たかく見守ってください!
また、これから寒くなっていきますので、みなさまもお身体に気を付けてくださ
い。
長々とお付き合いいただき、どうもありがとうございました。 

スポンサーサイト





この記事へコメントする















mimitibi

Author:mimitibi
1966/3 東京向島生まれ
1985-1988セツ・モードセミナーで
水彩画にいそしむ
世界各地を旅
1992 北海道へ移住
2004-2005 ドームハウスを建築
2008 ツリーハウスを建築
2009 2級建築士取得

タイパンツ愛好家

QRコード