FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

北海道神宮 御鎮斎百四十年記念 奉祝行事
北海道神宮 流鏑馬奉納

北海道開拓に貢献した馬に対する鎮魂のため、

馬事振興と五穀豊穣を祈願して、

三十五年ぶりに行われた、

「流鏑馬奉納」。

ちらし 300


病院から北海道神宮まで「なんば歩き」で歩いてみた。

約2時間の道のり。

境内に入ると、ロープで仕切られた200メートルほどの直線の玉砂利の道が目に入った。

さらにその道の中央に砂が盛ってある。

流鏑馬 走路


「???」

「あっ、流鏑馬(やぶさめ)?」

ハッと閃いた。

とりあえず、お参りを済ませ、

気になってしょうがなかったので、

もう一度現場へ。


すると、行きには気づかなかったが、

一本の松ノ木に、小さなチラシがガムテープで無造作に

貼り付けられていたのを発見。


近づいてよく見ると、
まさしく「流鏑馬」だった。

「おっ!!やはり。いつだ?終わったのか?まだか?」

「明日!!??」

「ラッキイ~!!、きっと来られますように!」とせっかくだから神様にお願いして、

その日は、とっとと帰路へ。



しかし、関連行事の開始が11時半から・・。

通常、病院の予定として、午前中は毎日先生の回診があるので、

先生が来るのを病室で待っている。

10時の時もあれば、12時に来ることもある。

それを待っていたら間に合わないかもしれない。

10時なら間に合うか・・・。でも、・・・。

どちらにせよ、気分的にすっきりしない。

三十五年ぶりの「流鏑馬奉納」。


こういうものは、準備している最中から見学したい性質(たち)なので、

朝食を済ませたとたんに、そそくさと外出届けを提出し、

「神様、どうぞ誰にも呼び止めさせないでください。」

と心の中で願いつつ、

一路北海道神宮へ。


2時間まえに到着。さすがに人影もまばら。

さっそくお参りを済ませ、会場へ。


まだ、装束を身につけている人はまばらだが、

馬に乗ってコースを行ったり来たりしている。

練習風景



参加している馬は、北海道在来馬でいわゆる「どさんこ」だ。

サラブレットのように大きくはなく、

小ぶりなでクビと脚が短いのが印象的だ。

とにかく、目がかわいい!!


実は、最近、知り合いの幼稚園の園長先生のご好意で、

馬と遊ばせていただいたことがあり、

とても好意的に馬を見るようになっている。


おじさん練習
練習中の粋なおじさん


おじさん本番
本番中のマジなおじさん


沢山ある、「最近気になっていること」の一つに「乗馬」がある。

きっといつか、馬を乗りこなせるようになるのが夢で、

おまけに「弓道」も気になっていたので、

「流鏑馬」なんてまったくの御誂(おあつら)え向き。


さらに、装束もかっこいいときているし、馬具も一々興味を魅かれる。

鞍(くら)なんて西部劇に出てくるように、大きくないし形も全く違うように見える。

鐙(あぶみ)に至っては、足がすっぽりと置けてしまうほど大きい。

きっと、弓を射る時にはとても安定するのかもしれない。


装束 縮小
装束が派手!


とにかく、何もかもが始めて見るものばかりだったので、

しつこいくらいジロジロジロジロ、ロープに寄りかかるくらい、かぶり付きで見てしまった。


乗馬では、常歩(なみあし)、速歩(はやあし)、駈歩(かけあし)があるようです。

流鏑馬では、更に速い襲歩(しゅうほ)で走るそうです。


いざ、始まってみると迫力がすごい!!

手で触れられるくらいの所を、

ものすごいスピードの馬が疾走していくのだから風も感じるし、足音もでかい!

相撲の砂かぶりではないけれど、馬が蹴った砂が飛んでくる!

みんな、一気に興奮する。

見事に命中して派手に飛び散る的が、また観客を盛り上げる。

なんて、かっこいいんだろう!!

実質2時間くらいだったけど、あっという間に終わってしまった。

三十五年ぶりなんて言わないで、毎年やってくれないかなあ。

いいもの見せていただきました。

ありがとうございました。


帰り道に、知り合いの、Sさんにばったりお会いました。

以前も、たまたま北海道神宮でお会いしているんですね。

Sさんも以前大病していて、私のことをとても心配してくれている元獣医の方です。

いつも、本当にありがとうございます。

また、北海道神宮で会いましょう!
スポンサーサイト





この記事へコメントする















mimitibi

Author:mimitibi
1966/3 東京向島生まれ
1985-1988セツ・モードセミナーで
水彩画にいそしむ
世界各地を旅
1992 北海道へ移住
2004-2005 ドームハウスを建築
2008 ツリーハウスを建築
2009 2級建築士取得

タイパンツ愛好家

QRコード