FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

2004年 夏


台風28号が接近していた。

その朝は、今にも泣き出しそうな曇り空。

ドームハウスを建築中の私は、

これから来るであろう暴風雨に備えて、

朝一番で現場に向かっていた。


家から現場までは、車で10分ほどだが

すでに、途中からポツポツと落ち始めてきた。

「もうきたか。」


現場は、まだ2階部分の床を張った状態で

その上に、ドーム部分を作っていく。

当然のことながら、

屋根のような雨を避けるようなものはまだない。


現場に到着すると、早速2階床部分に

ブルーシートを張り始めた。

すぐに、雨脚が強くなり風も吹き始めてきた。


相棒の桑さんも到着し、

雨の中、二人でブルーシートを引っ張りながら、

あっちに行ったり、こっちに来たりと

すこしづつ建物を覆っていく。


雨脚も風も段々強くなっている。

シートの反対側を持って何か叫ぶ桑さんの声も

、風と雨音で聞こえなくなってきた。

ものすごい土砂降り!!


結んだシートが次々とはがされる。

風であおられるシートが、牙をむいた獣のように

大暴れしている。


すぐに下着までビチャビチャに濡れて、

靴の中にまで水がたまっている状態。


余りの雨量に、目も開けていられなくなっていた。

ひっきりなしに、

頭からバケツで水をかけ続けられているような状態で、

すぐ隣にいるはずの相棒の姿さえ確認できないどころか、

呼吸もままならない。


まるで、水の中にいるようだ。

「あーーっ!!おーーおーーっ!!が~~~~っっ!!」

「ごぼごぼっ!!ぶぶ~~~~~~っ!!」

「おーーーだーーっっ!!だーーーあああーーっっ!!」

「うあああーーーおおーっつ!!おおおおおーーー!!」

何を叫んでも全く言葉にならない。


土砂降りの雨に全身をたたかれ、

暴風に足元もふらつきながら、

暴れるシートを捕まえて、

ただひたすら、

目の前にある、

直径約9メートル、高さ約3メートルの

太鼓状建造物をシートで覆うということに

取付かれたようになっていた。


直接腕から伝わってくる物凄いエネルギーの感触。


一辺が、7,8メートルもあるブルーシートが

強風をはらんだ時のエネルギーは

人間一人くらい

簡単にすっ飛ばしてしまう。


そのエネルギーを、

逃がしつつ、抑えつつ

耐えている感触は、

まるで、

不本意にも釣り針に喰らいついてしまって、

必死になって釣り糸を引きちぎろうと戦っている

まだ姿を見せない大物の

本能のエネルギーを思い起こさせる。


暴風雨の中、

ブルーシート一隅の角を掴んで、

次の突風が入るまでの間に

すばやくロープで縛りつけ、

コンクリートの束石に固定する。


あと少しで結べそうな時に・・。

「バッ!!バババババーーーーッ!!」

一瞬に飛ばされる。

風を受けたブルーシートが、

まるで、水を得た魚のごとく

のびのびと、

広い、ねずみ色の空に舞う。


「ちっ、ちきしょーーーーー!!」


何時間くらいが過ぎただろうか。

どうにか、全体をブルーシートで覆った頃には、

目に映るものは全てずぶ濡れのビチャビチャ。

服を着たまま素潜りして陸に上がった直後より

全身濡れている。

全てがこれだけ濡れていたら、ブルーシートで覆う意味はない。


ふと気がつくと、雨脚も弱まり

うっすらと青空が顔を覗かせていた。


桑さん 「・・・・・・・。」

私 「・・・・・・・。」


桑さん 「もう。大丈夫だね。」

私 「ブルーシート・・、乾くね。ははは・・。」

桑さん 「ははは・・・。いいね。」

私 「ラッキーだね・・・。」


1階床には、深さ約40mmの水深の池ができあがり、

二階床開口部からは、直径1.5メートルもの

ブルーシートの巨大水風船が、

ブルーシートをはち切るぞとばかりに、

無言で垂れ下がっている。


「太君・・・・、危ない!!・・・上・・!!近寄らないほうがいいね。」

「危ねえ~・・・。はははは・・・。」


暴れ狂うエネルギーも厄介だけど、

静かに佇むエネルギーも厄介だなあ・・。


建物を、雨に濡れることから守るというよりも、

この、ちょっとした自然のエネルギーを感受させてもらって

考えてから行動するのではない、非日常的な感覚を、

感じて、反応する。

感じて、反応する。

という単純なエネルギーの働きを

楽しんでいただけ、

だったような気がする。

スポンサーサイト





mimitibi

Author:mimitibi
1966/3 東京向島生まれ
1985-1988セツ・モードセミナーで
水彩画にいそしむ
世界各地を旅
1992 北海道へ移住
2004-2005 ドームハウスを建築
2008 ツリーハウスを建築
2009 2級建築士取得

タイパンツ愛好家

QRコード