FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


東京から北海道に移り住んだ当時、

(もう20年近く前になるけど)

地元の人々の行動が

とても新鮮で驚かされることが沢山あった。


3月。暦の上では十分に春だけど

ニセコはまるっきり冬。

12月から降り積もった雪が家も畑も山も川も、

全てをおおいつくしている。


しかし、地元の住人にしてみれば、

天候や吹いてくる風の微妙な変化を感じて、

「もう、春だね。」などという。

除雪 縮小


そんな時期、何日か晴れが続き、

空気が少しでも緩んでくると

ニット帽をかぶり、スキーウエアーを着込んで、

雪に囲まれた自宅の駐車場で

「バーベキュウ」をやっている人たちを見た。


・・・目を疑った!!

「なに??・・・バーベキュウ??・・・・まさか!・・・マジィ~!!なんで・・・??」

私の中では、「バーベキュウ」=「夏休み」という図式があった。

T-シャツ、短パン、ビーサンでバーベキュウ!となる。


東京から移り住んだ私にとって3月のニセコは

真冬!!

「もう春だね」って言われても、

「真冬でしょ」としか思えなかった。


「真冬にバーベキュウかあ・・。すげえなあ~。」


なんだかよく理解できないまま、

北国の人の底力を感じて無性に嬉しくなった。



スポンサーサイト





mimitibi

Author:mimitibi
1966/3 東京向島生まれ
1985-1988セツ・モードセミナーで
水彩画にいそしむ
世界各地を旅
1992 北海道へ移住
2004-2005 ドームハウスを建築
2008 ツリーハウスを建築
2009 2級建築士取得

タイパンツ愛好家

QRコード